GMO MARS Design Cloud

GMO MARS Design Cloud

AI技術を活用した言語・画像解析や機械学習で
運用型クリエイティブを支援するテクノロジー

お問い合わせ

GMO MARS Design Cloudとは

運用型クリエイティブの「量」と「スピード」に加え、「質」も追求するために開発されたクリエイティブコンサルティングを支援する新たな5つのテクノロジー。
このGMO MARS Design Cloudを活用し、従来、人の手による制作で要していた時間を大幅に削減しながら、広告クリエイティブを多数かつスピーディーに制作でき、ユーザーを飽きさせることなく広告を訴求することが可能となります。

GMO MARS アドベリフィケーショ概要の図

GMO MARS DC Analytics

クリエイティブ内の画像要素と言語要素を抽出し、それらを広告配信実績と紐付けることで、より粒度の細かいクリエイティブ分析が可能となります。

クリエイティブ内の画像要素と言語要素を抽出し、それらを広告配信実績と紐付けることで、より粒度の細かいクリエイティブ分析が可能となります。

抽出した要素と広告配信実績を紐づけ、GMO MARS DC Reportで可視化します。

GMO MARS DC Report

GMO MARS DC Analyticsでクリエイティブ内の画像要素と言語要素を読み取りラベルを付与。広告出稿実績に紐付いたそれらの出現頻度や傾向を分析することで、広告効果の高いクリエイティブの傾向を把握できます。

バブルが右上象限にあれば、そのラベル(画像要素)の成果への貢献度が高く、バブルが大きければ大きいほど多くのバナーに、そのラベルが含まれていることになります。これらの好調傾向を把握することで、精度の高いクリエイティブコンサルティングを実現します。

クリエイティブ内のテキストを読み取り、単語として抽出。それらをCTR上位25%のクリエイティブに使われている単語は右に。CTR下位25%のクリエイティブに使われている単語は左にプロットされます。また、縦軸ではその単語が「特徴的」もしくは「一般的」かを表現します。
CTRが高く、特徴的な単語を把握することで、精度の高いクリエイティブコンサルティングを実現します。他にも、AI言語解析×クリエイティブでは競合比較や、TD分析にも応用が可能です。

GMO MARS DC Reportを使用した実際の改善事例はこちら

バブルが右上象限にあれば、そのラベル(画像要素)の成果への貢献度が高く、バブルが大きければ大きいほど多くのバナーに、そのラベルが含まれていることになります。これらの好調傾向を把握することで、精度の高いクリエイティブコンサルティングを実現します。

クリエイティブ内のテキストを読み取り、単語として抽出。それらをCTR上位25%のクリエイティブに使われている単語は右に。CTR下位25%のクリエイティブに使われている単語は左にプロットされます。また、縦軸ではその単語が「特徴的」もしくは「一般的」かを表現します。
CTRが高く、特徴的な単語を把握することで、精度の高いクリエイティブコンサルティングを実現します。他にも、AI言語解析×クリエイティブでは競合比較や、TD分析にも応用が可能です。

GMO MARS DC Reportを使用した実際の改善事例はこちら

GMO MARS DC Target

ネット上の口コミやSNS上のリアルな意見・つぶやきを収集。そしてその膨大な量のテキスト情報を分析することで、自社と競合のサービス・商品に対する消費者の意識や行動の違いを浮き彫りにして、そこからインサイトを発掘。それを元に新たなクリエイティブの訴求軸を検討することが可能です。

例:学習塾サービス
各トピックごとにネガティブなレビュー・ポジティブなレビューの出現頻度を値化したもの。
値が大きいほどポジティブなレビューが多く、少ないほどネガティブなレビューが多い。

言語解析モデルを用いて抽出したキーワードをカテゴリ化。自社サービス・商品はどのようなカテゴリで良い評価(悪い評価)を得ているか、競合サービス・商品と比較することが可能となります。

GMO MARS DC Targetを使用した実際の改善事例はこちら

ネット上の口コミやSNS上のリアルな意見・つぶやきを収集。そしてその膨大な量のテキスト情報を分析することで、自社と競合のサービス・商品に対する消費者の意識や行動の違いを浮き彫りにして、そこからインサイトを発掘。それを元に新たなクリエイティブの訴求軸を検討することが可能です。

言語解析モデルを用いて抽出したキーワードをカテゴリ化。自社サービス・商品はどのようなカテゴリで良い評価(悪い評価)を得ているか、競合サービス・商品と比較することが可能となります。

GMO MARS DC Targetを使用した実際の改善事例はこちら

GMO MARS DC Automation

ベースとなる素材をもとに様々なテンプレートに合わせてクリエイティブを自動で生成します。従来人の手による制作で要していた時間を大幅に削減することが可能となり、業務効率化を実現。 また、ベースとなるクリエイティブを自動でリサイズすることも可能です。

GMO MARS DC Scoape

広告配信後、広告接触者/非接触者・サイト接触者に対してピンポイントでアンケート調査を実施し、ユーザーの意識や感情を探ることでユーザの態度変容を可視化することができます。

広告クリエイティブとして使用するバナーや動画は、通常CTR・CVR等の定量面のみを指標としたロウワーファネル(獲得)向けの判断が主軸でした。しかしGMOMARSDC Scopeでは認知度や好感度を調査することで、定性面の広告効果の分析が可能となるため、アッパー・ミッドファネル向けの広告効果の可視化が可能となります。

GMO MARS DC Scopeを使用した実際の改善事例はこちら

広告クリエイティブとして使用するバナーや動画は、通常CTR・CVR等の定量面のみを指標としたロウワーファネル(獲得)向けの判断が主軸でした。しかしGMOMARSDC Scopeでは認知度や好感度を調査することで、定性面の広告効果の分析が可能となるため、アッパー・ミッドファネル向けの広告効果の可視化が可能となります。

GMO MARS DC Scopeを使用した実際の改善事例はこちら

GMO MARS Design Cloudについてのお問い合わせ先

お問い合わせ

TEL:0120-250047
平日 午前10時~午後6時まで

※営業時間外のお問い合わせは、障害発生時など緊急連絡にご利用ください。
個別のご利用状況やサービスにつきましては、担当営業者までお問い合わせください。