マーケティングコラム

【True View広告】でコンバージョン数を増やす配信のコツ

2021.06.16Column
【True View広告】でコンバージョン数を増やす配信のコツ

「True Viewでどうやったらコンバージョンが獲れるのだろう」「これから配信予定だけど、どう考えていいかわからない。」と頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

今回の記事では弊社で実施したTrue Viewの配信実績から分かったことを共有していきたいと思います。是非、参考にしていただきたいです。

目次
1.True Viewの特徴
└1-1.新たなユーザーとの接点創出
└1-2.購入層にアプローチをして、コンバージョンを増やす
2.コンバージョンを増やすためのポイント
└2-1.ファネルごとに最適なメニューが選べる
└2-2.機械学習が出来る最適な環境に整える
└2-3.メニュー別の実績と考察
3.まとめ

       

1.True Viewの特徴

1-1.新たなユーザーとの接点創出

最大のメリットは、月間利用者が6,200万人いるYotubeのプラットフォームに配信できることにより、幅広い年齢層に向けて配信出来ることがメリットです。
また、You TubeはGoogle検索に次ぐ世界2位の検索プラットフォームで、ユーザーの情報収集に大きく貢献しています。

また、「動画」という手段を用いることが出来るため、自社の商品の魅力を具体的に伝えることが出来るため、今まで興味がなかったユーザーを獲得することが出来る可能性が高まります。

企業としてはいかにYou Tubeを攻略していくかが今後のウェブマーケティングで重要といえます。

1-2.購入層にアプローチをして、コンバージョンを増やす

True View広告では、今まで自社に興味がなかった層や自社と競合他社との製品を検討しているユーザーに対しても非常に有効です。

動画で伝えることで、ユーザーは馴染みのない商品をイメージしやすく、購買意欲を高めることが可能です。

また、様々な年齢・性別・興味関心に合わせた配信を行うことが出来るため、自社商品を売っていきたい層へのターゲティングをより細かくカスタマイズ出来ます。

以上を踏まえ、動画広告を用いた配信によりコンバージョン数を増やしていく方法についてお伝えしていきます。

2.コンバージョンを増やすためのポイント

配信設計を行う上で、ファネル別に動画配信設計を考えることはとても重要です。
特にYoutubeという面では幅広い層がいるため、自社(運用者)がどんなユーザーに対して動画を見てもらう必要があるのかを念入りに検討する必要があります。

TM記事_01

では、実際に配信メニューが異なるとどれだけ数値が異なるのかについて見ていきましょう。

2-1.ファネルごとに最適なメニューが選べる

Ture Viewでは商材によって最適なメニューを選べることが最大の利点です。

①認知向け(バンパー広告)
動画本編再生中に表示される6秒以下の広告で、広告視聴完了までスキップすることが出来ないことが特徴です。

ユーザーが再生している動画の視聴への影響を最小限に抑えながら、短いメッセージで訴求ができます。
また、CPMが安価なためインストリーム広告と比較してより幅広いユーザーに向けて配信することができます。

TM記事_02

②比較検討層向け(True View インストリーム広告)
動画コンテンツの前や途中に再生されるスキップ可能な動画のこと
ユーザーが動画を30秒以上再生した場合か、動画広告をクリック数した場合が視聴と計測され、視聴に至った場合のみ課金が発生します。

視聴しやすいユーザーに配信されるため、視聴率が高い傾向があります。
また、動画の長さも自由ため、伝えたいメッセージをしっかり伝えることができます。

TM記事_03

③購買層向け(True View アクション広告)
「行動を促すフレーズ」と広告の見出しを動画広告に追加することで、インストリーム動画広告の再生中と再生後にユーザーのアクションを喚起させることができます。

特にCV最適化を目的とした自動入札を用いることが出来るため、CV数を増やすためには最適なメニューといえます。

TM記事_04

   

2-2.機械学習が出来る最適な環境に整える

配信を行う上で大切なのが、自動運用といかに上手に付き合うかだと考えます。
特に「True View アクション」で配信する際には、キャンペーンの設定しっかりとするかによって、配信後の結果が変わるため注意が必要です。

Googleが推奨している設計は下記

TM記事_05

これから配信を始めようと考えている方、配信をしているけど上手くいかないと悩んでいる方は、一度配信設計を見直してみることをお勧めします。

CVが足りない→MCVを導入して学習量を増やす。
CPAが高い→配信しているターゲティングを見直す。
CTRが低い→サイトリンク表示オプションを最大限紐づける

などなど打ち手は多数です。

参考にしてみてください。

2-3.メニュー別の実績と考察

下記はメニュー別の数値

TM記事_06

上記は3種類のメニューを同期間で配信した結果です。
※上記配信はすべて同ターゲティング設定で配信を実施

配信結果をまとめると以下です。
・バンパー広告:認知向け配信枠ということもあり、3つのメニューの中で一番CPMが安価で配信しています。
・True Viewインストリーム広告:比較検討層向けということもあり、CPMがバンパー広告と比較すると1.02倍高いですが、購入層に近しいユーザーに配信出来ている影響からCVRが76倍高いです。
・True View アクション広告:CV最適化が働いた影響により、CVRが高いユーザーへ配信が寄ったことにより、CV数を多く獲得が出来たことにより、CPMが54倍と高くなっていますが、その分CVRが1912倍とはるかに高い数値を示しています。

この結果と配信メニューの特徴を見ても、CV数をどのような方法で増やすのか。という目的によって方法が異なることを理解していただけるかと思います。

3.まとめ

・目的にあったファネルに適したメニューで配信する
・推奨設計をしっかりと守って運用
・自動学習が最適な環境を整えることが重要

動画広告でコンバージョンを増やすコツについて記載しました、いかがでしたでしょうか。
配信をする前に色々と確認することが多い動画広告ですが、これから市場がどんどん伸びてくるところなので、今からチャレンジをしていくべきだと考えています。

これから動画広告をするかどうかを悩んでいるのであれば、ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

ライター:菊地 祥(きくち しょう)
近畿大学経営学部卒業。2017年中途入社。
入社後は教育・不動産領域の案件にて、運用型広告の運用やフロントコンサル業務に従事。
  • twitter
  • facebook
  • LINE