Trend&Insight LAB

【緊急ミニ調査】旅行ニーズが復活するのはいつ?

2021.06.14Trend&Insight LAB
【緊急ミニ調査】旅行ニーズが復活するのはいつ?

コロナ危機が世界中を覆い尽してから2回目の夏を迎えようとしています。
ただ、先が見えなかった去年と異なるのはワクチン接種が始まり、微かではあるのですがようやく出口が見え始めてきたこと。

この状況下で人々の旅行意欲はどの程度まで戻っているのでしょうか?
夏休みが近いこともあり、今回緊急ミニ調査を実施しました。

■旅行に行ってもいいと思うのは、世の中がどんな状態になった時?

今回調査したのは「世の中がどんな状況になったら旅行に行くと思うか?」
これを、2~3年に1回以上は旅行に行く人たちを対象に「国内旅行」に限定して聞いてみました。

上位項目をみると、「感染者数が劇的に少なくなったら」「国民全員がワクチン接種をした後なら」と、まだまだ旅行に対して慎重な意識を持っていることがわかります。
それでは普段の旅行頻度によって意識の違いはあるのでしょうか?
国内旅行に年に2回以上行く人/年1回以下の人別で再集計したグラフをご覧ください。

かなり差がありますね。
普段の国内旅行頻度が年1回以下の人たちは3割近い人たちが「どんな状況になっても今年は控える」と慎重意識がかなり強固なのに対して、旅行頻度が年2回以上の人たちも慎重派はある一定層いるのですが、「自分のワクチン接種が終わったら」「自分の住んでいるところに緊急事態宣言が出てないなら」と旅行再開の判断基準が比較的ゆるい人たちも多く存在していることがみてとれます。

■今回の調査クロス表を無料進呈します

今回の緊急ミニ調査の結果、みなさんはどのようにお感じになりましたか?
今回の調査を性年代別などで集計したクロス数表を無料でダウンロードいただけます。
ご希望の方はページ下部のフォームよりご請求ください。

【調査概要】

調査主体
GMONIKKO株式会社
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
首都圏・京阪神圏の20代~60代男女
総サンプル数
n=363
調査期間
2021年6月3日(木)~2021年6月7日(月)

神津 洋幸(こうづ ひろゆき)
ライター:神津 洋幸(こうづ ひろゆき)
ストラテジックプランナー、リサーチャー。Webプロモーションの戦略立案、Web広告効果の分析・オプティマイズ、各種リサーチなどを担当。前職はマーケティングリサーチ会社にて主に広告効果の調査・分析・研究業務に従事。2004年より現職。
  • twitter
  • facebook
  • LINE